当研究所フェロー八幡和郎の「ビル・クリントン元大統領:【NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった】との論考について」が、<研究調査等紹介>ページに掲載されました。

当研究所フェロー八幡和郎の「ビル・クリントン元大統領:【NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった】との論考について」が、<研究調査等紹介>ページに掲載されました。  

ビル・クリントン元大統領:「NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった」との論考について

米国のビル・クリントン元大統領が、「NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった」という論考を米誌「アトランティック」に投稿して波紋を拡げている。 なぜショッキングかというと、クリントンは「NATOの拡大は .....

当研究所フェロー沼田功のレポート「中年よ【やんちゃ】であれ!」が<研究調査等紹介>ページで公開されました。

当研究所フェロー沼田功のレポート「中年よ【やんちゃ】であれ!」が<研究調査等紹介>ページで公開されました。

中年よ「やんちゃ」であれ!

  Boys, be ambitious.〜男の⼦よ、「やんちゃ」であれ!〜 1877年「男の⼦よ、やんちゃであれ!」と⾔ったのは、札幌農学校(後の北海道⼤学)の教頭を辞し帰国するクラーク博⼠です。   明治の⽇本男児達 .....

当研究所フェロー八幡和郎の「ウクライナ:常識の10の嘘と怖い落とし穴」が<研究調査等紹介>ページに掲載されました。

当研究所フェロー八幡和郎の「ウクライナ:常識の10の嘘と怖い落とし穴」が<研究調査等紹介>ページに掲載されました。  

ウクライナ:常識の10の嘘と怖い落とし穴

ウクライナ紛争においては、世界でも日本でも言論界のみならず、実務の世界でも極論が幅を利かし、それが第三次世界大戦の現実的可能性を生んだり、オイルショックやコロナ禍以上の経済危機を引き起こしたりという馬鹿げた状況だ。 あら .....

当研究所フェロー沼田功の「沼田栄昭の選択、『お金の密教』」が<研究調査等紹介>ページで公開されました。

当研究所フェロー沼田功の「沼田栄昭の選択、『お金の密教』」が<研究調査等紹介>ページで公開されました。

当研究所フェロー沼田功の「ウクライナ、米国、中国、ロシア〜⾵の時代の世界情勢〜」が<研究調査等紹介ページ>に掲載されました。

当研究所フェロー沼田功の「ウクライナ、米国、中国、ロシア〜⾵の時代の世界情勢〜」が<研究調査等紹介ページ>に掲載されました。

沼田栄昭の選択、「お金の密教」

  紫雲⼭寶瑞院のその後 引きこもり住職「英雄」とTime Waver副住職・私「榮昭」が修⾏する、⾵の時代のメタバース寺院・紫雲⼭寶瑞院の、これまでの活動のご報告と、今後のご⽀援のお願いです。   この⽂章は私の個⼈的 .....

ウクライナ、米国、中国、ロシア〜⾵の時代の世界情勢〜

    ウクライナ情勢〜⾵の時代の世界情勢〜 2⽉24⽇の侵攻以前、ウクライナ情勢の報道は、⽬先の快楽を満たすだけの情報と、私は判断しておりました。予想に反してウクライナ侵攻は現実となり、政治・経済・国際情勢に⼤きな影響 .....

林秀臣氏の寄稿「人類は今、存亡の危機に直面している!」が<研究調査等紹介>ページに掲載されました。

林秀臣氏の寄稿「人類は今、存亡の危機に直面している!」が<研究調査等紹介>ページに掲載されました。   ★林英臣(はやしひでおみ)東洋・日本思想家HP http://www.hayashi-hideomi.com/ 略歴 .....

人類は今、存亡の危機に直面している!

  下記は47年前に出版された、村山節著『文明の研究』六法出版社に示された未来予測だ。そこには、ウクライナを震源地として発生する民族移動によって、ヨーロッパ文明が終末を迎えるという予想が示されている。 下記文中の「飢えに .....

当研究所フェロー八幡 和郎の「東欧とフランスで親露派が選挙で大躍進の不条理」が<研究調査等紹介>ページで公開されました。

当研究所フェロー八幡 和郎の「東欧とフランスで親露派が選挙で大躍進の不条理」が<研究調査等紹介>ページで公開されました。 ★八幡 和郎 人間経済科学研究所フェロー、評論家、歴史作家、徳島文理大学教授、 滋賀県大津市出身。 .....

東欧とフランスで親露派が選挙で大躍進の不条理

  ハンガリーの総選挙とセルビア大統領選挙・総選挙で、親露派が勝利した。EUはハンガリーに補助金削減などで圧力を掛け、セルビアが制裁に加わらないとEU加盟が難しくなると圧力をかけたが徒労に終わった。 フランスでは、ウクラ .....