サードウェーブ 世界経済を変える「第三の波」が来る

スティーブ・ケースハーパーコリンズ・ノンフィクション

大学生のときに、アルビン・トフラーの「第三の波」を読んだ時の衝撃は今でもはっきり覚えていますが、私と同世代である本書の著者も同様のようです。

私が過去「代表取締役平社員」(あいであ・らいふ)などの著書で、第4次産業(知識・情報産業)第5次産業(感性の産業)の時代を主張したのも、アルビン・トフラーの「第三の波」の流れの中でのことです。

著者は、第三の波の中で勃興したインターネット産業の中でも、<IoT>によってすべてのものがつながる第三の波がやってきていると主張しています。その点については同感ですし、今後のビジネスの中で<政府とのかかわり方が重要になる>という点にも共感できます。ただ、全体として、第3の波がどの様なものかについての説明が不足していますし、記述内容の大半は、AOLを中心としたIT業界の歴史です。

AOLの共同創設者である筆者の半生記として読めば、それなりに面白いと思います。企業買収が、筆者も含めた経営者のエゴを満たすだけのものであるケースが大半であることが良くわかります。

 

<文責:大原浩>

 

 

参考書籍等紹介

大国の興亡<下巻> 1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争

ポール・ケネディ草思社

平和主義がナチスの台頭を招いた 第一次世界大戦以降、本書が執筆された1980年代後半までの「大国の興亡」が詳細 .....

大国の興亡<上巻> 1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争

ポール・ケネディ 草思社

法皇様に支配された暗黒時代からの脱出 <上巻>だけを読んだ段階でも、500年におよぶ(上巻では第1次世界大戦の .....

EU崩壊 秩序ある脱=世界化への道

ジャック・サピール藤原書店

タイトルは「EU崩壊」だが、内容的にはサブ・タイトルの「秩序ある脱=世界化への道」がメインである。 EUも、グ .....

市民政府論 ジョン・ロック

ジョン・ロック 光文社古典文庫

法律が無ければ自由は無い そもそも、政府が国民(臣民)に対して、指示命令を行い服従させることが正しいのか?その .....