サードウェーブ 世界経済を変える「第三の波」が来る

スティーブ・ケースハーパーコリンズ・ノンフィクション

大学生のときに、アルビン・トフラーの「第三の波」を読んだ時の衝撃は今でもはっきり覚えていますが、私と同世代である本書の著者も同様のようです。

私が過去「代表取締役平社員」(あいであ・らいふ)などの著書で、第4次産業(知識・情報産業)第5次産業(感性の産業)の時代を主張したのも、アルビン・トフラーの「第三の波」の流れの中でのことです。

著者は、第三の波の中で勃興したインターネット産業の中でも、<IoT>によってすべてのものがつながる第三の波がやってきていると主張しています。その点については同感ですし、今後のビジネスの中で<政府とのかかわり方が重要になる>という点にも共感できます。ただ、全体として、第3の波がどの様なものかについての説明が不足していますし、記述内容の大半は、AOLを中心としたIT業界の歴史です。

AOLの共同創設者である筆者の半生記として読めば、それなりに面白いと思います。企業買収が、筆者も含めた経営者のエゴを満たすだけのものであるケースが大半であることが良くわかります。

 

<文責:大原浩>

 

 

参考書籍等紹介

ネクスト・ソサエティ

P. F. ドラッカーダイヤモンド社

  日本語版の発刊が2002年ですから、ドラッカーが執筆したのは15年から20年ほど前になります。本 .....

予想通りに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

ダン・ アリエリー 早川書房

  私が子供の頃、早川書房といえば「SF小説」というイメージであったのですが、最近は「行動経済学」を .....

愛と怒りの行動経済学 賢い人は感情で決める

エヤㇽ・ヴィンタ―早川書房

  「金で動く人間」=<合理的経済人>をモデルに構築する既存の経済学は、もう終わった(もともと役に立 .....

偶然の科学

ダンカン・ワッツ早川書房

著者が、YAHOOの主任研究員ということもあって、ネット上のデータ活用による「行動科学」研究についての話が多く .....