私の経営論

宮内義彦日経BP社

現在のオリックスを創り上げた宮内氏の経営に関する考え方をまとめた本です。

オリックスは、投資対象としても非常に注意深くウォッチしている会社ですが、本書を読んでみて、「私の目に狂いは無かった」と感じました。

本書でも述べられているように、宮内氏は若いころドラッカーの本を読んで勉強しているのですが、その教えの内容が見事に生かされた経営を行っています。

例えば「マーケティング」と「イノベーション」。技術志向の製造業などでは「本当の顧客の声」をなかなか聞こうとしません。しかし、オリックスが担保として押さえたタンカーや旅館を、二束三文で売り払わずに、自社でその担保を運営し、運用益と売却益を得ることができたのは、市場や本当の顧客の声に耳を傾ける=「マーケティング」をきちんと行ってきたからです。

また「イノベーション」において、オリックスは日本を代表する成功記企業といえるでしょう。イノベーションとは、別にいわゆる技術面に関するものだけではありません。新しいビジネスモデルや新事業・新企画もイノベーションであり、現在はそちらの方が重要になっています。

「やってみなはれ」という言葉がイメージされる、社内にあふれるベンチャースピリッツ。ただし、リース(金融)からスタートした会社だけあって、数字(事業の成績)はきちんと管理されていますから暴走しません。

さらに優れているのは、失敗した(あるいは成功の見込みがない)と判断する責任と権限を経営陣に与えたことです。当該部署は、事業継続に傾きがちですが、経営陣が大局から<撤退>という判断を下すことによって、不振事業の泥沼化を避けることができます。

その他にも、ドラッカーの本の著書の事例に取り上げたい様な、経営での実践の体験がたくさん含まれています。

 

<文責:大原浩>

参考書籍等紹介

モサド・ファイル

マイケル・バー=ゾウハ―&二シム・ミシャル早川書房

  第2次冷戦の中核、諜報戦争 米中貿易戦争から始まった「第2次冷戦」が本格化している。第1次冷戦で .....

フリードリヒ・ハイエク

ラニー・エーベンシュタイン春秋社

    フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエクは、1974年にノーベル経済学賞を受賞し .....

トコトンやさしいロボットの本

日本ロボット工業会 監修日刊工業新聞社

誰も3K労働を好んでやらない 現在人手不足が騒がれている。いわゆる外国人労働者に関して、受け入れ拡大政策を行う .....

大国の興亡<下巻> 1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争

ポール・ケネディ草思社

平和主義がナチスの台頭を招いた 第一次世界大戦以降、本書が執筆された1980年代後半までの「大国の興亡」が詳細 .....