私の経営論

宮内義彦日経BP社

現在のオリックスを創り上げた宮内氏の経営に関する考え方をまとめた本です。

オリックスは、投資対象としても非常に注意深くウォッチしている会社ですが、本書を読んでみて、「私の目に狂いは無かった」と感じました。

本書でも述べられているように、宮内氏は若いころドラッカーの本を読んで勉強しているのですが、その教えの内容が見事に生かされた経営を行っています。

例えば「マーケティング」と「イノベーション」。技術志向の製造業などでは「本当の顧客の声」をなかなか聞こうとしません。しかし、オリックスが担保として押さえたタンカーや旅館を、二束三文で売り払わずに、自社でその担保を運営し、運用益と売却益を得ることができたのは、市場や本当の顧客の声に耳を傾ける=「マーケティング」をきちんと行ってきたからです。

また「イノベーション」において、オリックスは日本を代表する成功記企業といえるでしょう。イノベーションとは、別にいわゆる技術面に関するものだけではありません。新しいビジネスモデルや新事業・新企画もイノベーションであり、現在はそちらの方が重要になっています。

「やってみなはれ」という言葉がイメージされる、社内にあふれるベンチャースピリッツ。ただし、リース(金融)からスタートした会社だけあって、数字(事業の成績)はきちんと管理されていますから暴走しません。

さらに優れているのは、失敗した(あるいは成功の見込みがない)と判断する責任と権限を経営陣に与えたことです。当該部署は、事業継続に傾きがちですが、経営陣が大局から<撤退>という判断を下すことによって、不振事業の泥沼化を避けることができます。

その他にも、ドラッカーの本の著書の事例に取り上げたい様な、経営での実践の体験がたくさん含まれています。

 

<文責:大原浩>

参考書籍等紹介

ポスト資本主義社会 ドラッカー名言集8

P.F.ドラッカーダイヤモンド社

  1989年のベルリンの壁崩壊や、1991年のソ連崩壊などで、共産主義はすでに終わったことはだれの .....

経済は「予想外のつながり」で動く 「ネットワーク理論」で読みとく予測不能な世界の仕組み

ポール・オムロッドダイヤモンド社

  小難しくて長ったらしいタイトルの本ですが、あえて単純化すれば<まねっこ戦略と井戸端会議の親分>と .....

世界は感情で動く 行動経済学からみる脳のトラップ

マッテオ・モッテルリー二 紀伊圀屋書店

  経済学では、人間は合理的存在とされ、「選択肢の中から必ず自分にとって(金銭的に)得になるものを探 .....

チェンジ・リーダーの条件 みずから変化をつくりだせ!(はじめて読むドラッカー マネジメント編)

P.F.ドラッカーダイヤモンド社

  副題にもあるように、ドラッカーの膨大な著作の中から、マネジメントに関する論文を抜粋しまとめたもの .....