お金の密教

お金の密教

9月29日、岸田文雄氏が自民党新総裁に就任、10月4日に第100代の内閣総理大臣に選出されました。発表された党・内閣の布陣を眺め、私は誕生時の習近平政権を思い起こしました。党内を仕切る安倍氏(≒江沢民)の油断を誘い、岸田(≒習近平)政権が誕生したようにも見えます。マスコミは安倍傀儡政権と見ます。傀儡のハトにせよ、謀略のハトにせよ、はたまた両睨みのハトにせよ、このハトが日本の将来を担います。

新首相の公約は「成長と分配の好循環」です。日本の経済成長は、諸外国の後塵を拝します。経済成長が鈍化する中で貧富の差が拡大、株価も割安に放置されております。「日本の消費者は貧しくて商売にならない」との声が聞かれ、「安い日本」を目当てに、コロナ前は中国人が殺到しました。日本人は幻想を追い、貧しさに麻痺しているように見えます。成長戦略は既得権益を敵に回し、分配戦略は全高所得者層を敵に回します。このハトからは、そんな覚悟も垣間見えます。

新政権発足を祝し、今回はお金の話です。「幸福は金銭では測れない」のも事実ですが、今の日本に不足しているのは、実はお金の豊かさなのです。そこで一昨年、「お金の密教」講座を開催いたしましたが、基本的な考え方を2点、ここでおさらいしておきたいと思います。

1 点目、お金は稼ぐことより貯めることが重要です。お金は信用です。お金持ちとは資産を持つ人、年収が高い人ではありません。資産があれば、多くの情報が集まります。信用と情報を持つ仲間に囲まれます。時間を味方につけ、時間の経過とともにビジネスの優位性が高まります。

お金を使うと、その時点での便益は高まります。ただ稼ぐ能力はあっても、懐を狙う営業マンが集まり、優良な人脈や情報は寄り付きません。5年、10年すると、これが大きな差になります。誰もが生涯で、一度や二度はチャンスに巡り合いますが、お金が無ければ資金調達からのスタート、機動的な勝負が難しく、チャンスを活かし切れません。
チャンスと巡り会えても、リスクを取ることすら許されないのです!

私が投資をする際に見るのは、経営者のお金に対する優先順位です。お金より優先順位の高い項目が多い経営者は、お金の使い道が多く、会社にお金が貯まりません。本音では、お金はどうでも良いので、思いつき程度のアイデアで、お金のプレゼンを仕掛けます。投資家には、何の学びも感動もありません。投資家は例外なく、お金の優先順位が高い人たちです。この点が噛み合わないと、心もお金も動きません。

「あとはお金だけ」いうプレゼンを、私は何度も聞きました。ただ投資家から見れば、お金が無い経営者は、何も無いのと一緒です。人脈を誇示する経営者もいます。お金以外の優先順位で繋がっている人脈は、ビジネスでは全く使えません。日本人は心の問題を語るのが好きですが、お金(≒信用)の重要性も少しは再認識して欲しいものです。

2点目は「チーム」です。特にベンチャー投資は「経営チーム」が対象です。ビジネスモデルは、脇役です。私の場合は経営者の得意分野、思考能力、それに方向性を見るに過ぎません。この30年、年間50件以上のプレゼンを受けましたが、お聞きしたビジネスモデルが、3年後にも通用しているケースは皆無です。私が投資した先も、かなり上場しましたが、当初のプレゼン通りの上場事例はありません。ベンチャー経営の本質はイノベーション、変われなければ成長はありません。投資家は、環境変化をイノベーションのチャンスに展開できる、柔軟な経営チームを探しているのです。

日本人は元来、高い組織構築力を持ちます。経営者が凡庸でも、優秀な部下が組織を支えます。逆に考えれば、経営者自体の能力はさほど高くはありません。ただ近年、組織構築力でも遅れが目立ちます。日本の中小企業の組織は、経営者のカリスマ性が支えます。その上で経営理念やミッションを徹底する、といった組織です。経営者の限界を、組織が乗り越えられません。1+1が2を超えられないのです。

米中では従業員がイノベーションを起こすシステム構築が試みられ、数々の成功事例が出始めております。新時代の肝は、従業員の魂をも開く組織です。日本は逆に、「風の時代」の中、魂を開くための個人事業化が進展します。日本の組織に魅力が乏しいからでしょう。これでは貧しさを克服できません。

最近「NO RULES(日本経済新聞出版)」を読んで、彼我の差に衝撃を受けました。この本には Netflix (ネットフリックス) の経営・人事が詳細に描かれ、日経新聞で「経営者が読むべき1冊」と激賞されました。私はむしろ、スピリチュアルな方々にも手に取って頂きたい書籍です。特殊な会社なので、具体的な方法論はあまり参考になりません。近年のベンチャー投資は、秀逸な組織構築能力に対して行われます。ご自身の組織をこのレベルにまで磨き上げれば、NPO のような非営利の組織であっても、世界中からお金が殺到すること、間違いありません。

南無大師遍照金剛 沼田 榮昭 拝

◎本レポートは、リアル曼荼羅プロジェクト・メルマガ16【2021年10月6日:天秤座新月】の文章を、大原浩の責任により、抜粋編集したものです。

★南無大師遍照金剛 沼田 榮昭 
沼田功

ファイブアイズ・ネットワークス株式会社 代表取締役
日本証券アナリスト協会検定会員
復旦大学日本研究センター客員研究員

1964年 東京都練馬区に生まれる。
1988年 大和証券株式会社入社(本店第二営業部池袋支店配属)。
2000年 ファイブアイズ・ネットワークス株式会社設立 代表取締役(現任)
株式会社サイバーエージェント 監査役(現在は取締役監査等委員)。
2013年 徳石忠源(上海)投資管理有限公司(リンキンオリエント)
マネージング ディレクター(現任)、その他2社未公開会社の社外取締役を兼務。

著書 「IPO(株式公開)入門」(オーエス出版社)。

生涯100社上場を目指し、サイバーエージェント、楽天をはじめ現在70社を更新中。

研究調査等紹介

ビル・クリントン元大統領:「NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった」との論考について

米国のビル・クリントン元大統領が、「NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった」という論考を米誌「アトランティック」に投稿して波紋を拡げている。 なぜショッキングかというと、クリントンは「NATOの拡大は .....

中年よ「やんちゃ」であれ!

  Boys, be ambitious.〜男の⼦よ、「やんちゃ」であれ!〜 1877年「男の⼦よ、やんちゃであれ!」と⾔ったのは、札幌農学校(後の北海道⼤学)の教頭を辞し帰国するクラーク博⼠です。   明治の⽇本男児達 .....

ウクライナ:常識の10の嘘と怖い落とし穴

ウクライナ紛争においては、世界でも日本でも言論界のみならず、実務の世界でも極論が幅を利かし、それが第三次世界大戦の現実的可能性を生んだり、オイルショックやコロナ禍以上の経済危機を引き起こしたりという馬鹿げた状況だ。 あら .....

沼田栄昭の選択、「お金の密教」

  紫雲⼭寶瑞院のその後 引きこもり住職「英雄」とTime Waver副住職・私「榮昭」が修⾏する、⾵の時代のメタバース寺院・紫雲⼭寶瑞院の、これまでの活動のご報告と、今後のご⽀援のお願いです。   この⽂章は私の個⼈的 .....