中年よ「やんちゃ」であれ!

 

Boys, be ambitious.〜男の⼦よ、「やんちゃ」であれ!〜

1877年「男の⼦よ、やんちゃであれ!」と⾔ったのは、札幌農学校(後の北海道⼤学)の教頭を辞し帰国するクラーク博⼠です。

 

明治の⽇本男児達は直⽴不動で拝聴したのでしょう。「少年よ、⼤志を抱け!」と訳されますが、辞書でambitiousは 「野⼼」、「⼤志」というよりは「やんちゃ」です。帝国⼤学の権威に忖度したのでしょうか。

 

これに続けて「⼤志とは、⾦銭、我欲のためにではなく、また、⼈呼んで名声という空しいもののためであってはならない。⼈間として当然持つべきもののために⼤志をもて!」と⾔ったと伝えられます。ただこれは後世の創作だそうです。近代⽇本の微笑ましい情報操作です。

 

 

 Be ambitious(やんちゃであれ)は私も好きな⾔葉です。 男性に限らず⼥性も、やんちゃな⼈が好きです。仏教の 祖師達もやんちゃでした。

 

お釈迦様は宗教的権威に⽀えられたカースト制度に異を唱えました。弘法⼤師も法然 上⼈もやんちゃでした。彼らは「流れを変える⼈」でした。

 

その後の諸賢達は「流れを繫ぐ⼈」です。彼らの教えは体系化され整備が進みました。教えそのものよりも、⼈間性の相違が⼤きいのかもしれません。

 

実は「Boys, be ambitious like this old man(男の⼦よ、 やんちゃであれ、この⽼⼈のように)」と⾔ったと⾔われます。Boysは聴衆である学⽣への呼びかけ、this old manはクラーク博⼠ご⾃⾝です。50歳を超えた頃の発 ⾔です。現代なら「⽼⼈」という年齢ではありません。

 

⽣涯にわたりambitiousであるのが理想ですが、せめて50歳を過ぎたら私もambitiousでありたいものです。

 

【50歳過ぎの林住期(りんじゅうき)】

インドには四住期(しじゅうき)という、⼈⽣を4つの時期に区切る考え⽅があります。五⽊寛之⽒の著書「林住期」で、この考え⽅は⽇本にも広がりました。

 

25 歳までが学⽣期(がくしょうき)、師や先輩⽅の指導を仰ぎ、⼼⾝を鍛え抜く時期 です。50歳(あるいは定年)までが家住期(かじゅうき)、社会と家族のために バリバリ働く時期です。50歳〜75歳が林住期、社会の義務や家族から離れ、⾃分がやりたいことに打ち込む時期です。75歳以上は遊⾏期(ゆぎょうき)、⼈⽣の終焉に向けた終活の時期です。

 

若者も起業し定年延⻑で⽼⼈も働く現代、家住期が肥⼤化しております。周囲の思惑や責任に流されるままでは、林住期が孤独と失意の期間になりかねません。

 

かつ ては60歳で定年を迎え、70歳前後で死を迎えました。今は⼈⽣100年時代、 家住期の後にも⻑い⼈⽣が待っております。

 

法然上⼈が極楽浄⼟に救いを求めた鎌 倉時代、⽇本⼈の平均年齢は24歳でした。現代では極楽浄⼟に⾏く前に、⽣甲斐を失い認知症に悩まされ、体が動きません。現代仏教の課題は林住期です。

 

⼀⽅で 林住期は、社会や家庭のしがらみも薄まり、思い切った⾃分らしい活動に最適な時期です。私も紫雲⼭寶瑞院の再建に参加し、体⼒が衰え寝たきりになっても社会と のつながりを保ちやすい、Time Waverの学習・実践を開始しました。

 

収⼊や社会的 評価を気にせず、⼼の声に従って⽣きる時期とも⾔えます。まさに「中年よ、やんちゃであれ」です。

 

私が林住期を意識したのは、昨年12⽉、サイバーエージェントの役員を退任する57歳の折でした。以前から55歳で、ビジネスを卒業する計画でしたが、結局2年遅れました。

 

「ビジネスか仏教か」という⼆者択⼀もやめました。仏教(2階)と現世(1階)との「階段」を⽬ 指すことにしました。

 

私の場合は50歳を過ぎた頃から、 お⾦儲けのモチベーションが急減しました。お⾦が儲かりそうでも、魂が震えないと、体が動かなくなりました。現在でもお⾦は、私の⼈⽣のテーマですが、稼ぎ⽅より使い⽅へと興味が移りました。

 

死後の世界でお⾦は使えません。より魂を震わせるために、現世でお⾦を有効活⽤したい、そう思うようになりました。

 

お⾦以上に変わったのは時間の感覚です。死後には現世の時間も引き継げません。それどころか現世ですら、林住期に ⼊り50歳をすぎると、本⽇できたことが、明⽇にはできなくなります。同じ時間が流れている訳ではないのです。

 

50歳を越えると私たち は、毎⽇少しづつ、分割して死を体験します。1分1秒が「南無阿弥陀仏」、分割して極楽浄⼟を⽬指すのです。⼤本⼭増上寺の法主でもあり、仏教⼤学理事⻑も努めた直⽊賞作家の寺内⼤吉⽒は、1997年の⼭折哲雄⽒との対談で、「私の中の教養みたいなものが、死後の世界はないと思わせる」と発⾔しました。

 

この対談は朝⽇新聞に掲載されました。浄⼟宗僧侶の、浄⼟の実在を否定したかのような発⾔が、 浄⼟宗内で問題になったと⾔われます。この問題意識には⼤いに共感できます。

 

私は今、両親の介護に携わっております。だんだん不⾃由になる両親を⾒ていると、 今できることは今やろうと改めて感じます。いかに健康に留意しても、不⽼⻑寿という訳にはいきません。極楽浄⼟は重要ですが、鎌倉時代の24歳の死は、現代で は分割されて訪れるのです。私はそう考えます。

 

この原理、⼈⽣の全盛期である家住期にも当てはまりそうです。家住期ならではの 「魂の震え」に、集中するべき時期なのでしょう。四住期はそれぞれの、魂が震え る原理が異なるのでしょう。

 

今や私は林住期、お⾦はあっても使い道が減ります。 豪遊は体⼒的に難しくなります。お⾦を払ってでも家に早く帰りたい、そう思う会⾷も多くなりました。新たな冒険に臆病になります。友⼈も⾼齢化して、話題がジジ臭くつまらないです。

 

⼀⽅で若い世代との時間は貴重です。私がambitiousであることが、関係を築くコツだと思います。お⾦の使い道が無限に広がるambitiousな若者に、お⾦も時間も、もっと投資をしたいです。

 

他⼈の⼈⽣に⼝を挟むのは野暮だと思います。それでももし質問して頂けるなら、気を使って回り道をする時間は無 駄、隠し事なくストレートにお伝えしたいと考えております。

 

【⽣涯計画表】

私が修⾏したお寺(代々⽊⼋幡・⼤⽇寺)では、それぞれが「⽣涯計画表」を作成 しました。

 

まずは⾃分や周囲の⼈たちの死期を勝⼿に想定します。私は2006年 42歳からスタートし、2044年80歳で死亡する計画でした。

 

将来の話は鉛筆 で、時間の経過につれて確定した内容はボールペンで記載します。2011年2⽉ (46歳)まではボールペンでの記載があります。この頃はまだ、お寺に通っていたのでしょう。60歳の時点で1億円の資産を持ちたいと想定しましたが、当時は どうやっても計算が合わず、何⽇も悩んだことを思い出します。

 

ambitiousならお⾦はついて来るよ、と当時の⾃分に教えてあげたい気分になりました。55歳で仕事をすべて辞めて、僧侶に専念するシナリオでした。それ以降の⽣涯計画表はスカスカですが、70歳からは「来世への準備」とあります。

 

四住期の原理にも適合して います。想定寿命を少し延ばして、じっくりと再検討してみたいものです。皆様に も⼈⽣の⼤きなシナリオ作りをお勧めいたします。

 

 【ミッションについて】

Time Waverのセッションでは、「私の⼈⽣のミッションは何か?」といった質問を受けます。ただミッションは、その時々の⾃分の環境・欲望を意識化するためのもので、達成するためのものではありません。それを⽬指すプロセスで魂が震えやすくなります。この魂の震えが、⼈⽣の⽬的です。

 

使徒パウロは、イエス・キリスト との出会いを通じて迫害から使徒へ、ミッションを転換します。ミッションが間違っていたからこそ、魂の震えが⼤きくなります。⽣涯のミッションを、なんて賢く考えるうちは、決して魂は震えません。

 

Time Waverでミッションを決めよう、こんな魂胆では、魂が震える筈もありません。お⾦や地位や異性のために騙し合ってきた世界が、魂の震えを通じて、感動に満ちた世界へと⾒え⽅が変わります。それ に伴い、ミッションも⾃ずと進化していくのです。

 

私の最初の就職先は証券会社でした。そこで私は「直接⾦融(証券市場)を活⽤し た、⽇本における殖産興業の実現」というミッションを抱きました。当時の⽇本で は、産業育成はもっぱら間接⾦融(銀⾏などの⾦融機関)が担い、この点が欧⽶諸 国との⼤きな差でした。直接⾦融の⼒で⽇本に新しい産業を興したい、そんな気持 ちで株式公開業務に携わりました。困難なミッションだと思っておりました。

 

ところがこの改⾰は想像以上のスピードで進みました。この過程で、私の魂もブルブル と震えました。東証マザーズ等の新興市場が出現し、当初はヨチヨチ歩きでしたが、次第に多くの産業が⽴ち上がりました。ミッション・コンプリート(完了)と 私が感じたその時に、リーマンショックが起こりました。私の⼈⽣で⼀番ambitious な時間でした。壮⼤で実現不可能と思われるミッションも、結果は時代の流れ次第です。本気のミッションが実現し、私は今、⼆つ⽬の⼈⽣を⽣きております。

 

 【称名念仏とambitious】

法然上⼈は専修念仏を唱えました。法然上⼈の説く「南無阿弥陀仏」は魂の震える⾳、というのが私の直感です。だから他に修⾏は必要ありません。

 

ただ⼀⽅で、魂が震えるなら、他の修⾏でも構わない筈です。実際に明恵上⼈は、仏教の保守本流の修⾏を再構築して魂を震わせます。法然上⼈からすれば「もう魂が震えているんだから、何だっていいんだよ」という話だと思います。議論の意味がありません。

 

実はバカしか魂は震えません。だから法然上⼈は、バカにこだわります。明恵上⼈も特上のバカですが、お勉強もできました。実は法然上⼈もお勉強ができました。

 

 史実で⼆⼈は直接会ってはおりません。もし会っていたなら、「バカはバカ同⼠、 仲良くしようや!」という話になったのかもしれません。実際の歴史はそう簡単で はありませんでした。ただそこがまた、仏教の⾯⽩いところです。

 

 

 

◎本レポートはリアル曼荼羅プロジェクト・メルマガ28 【2022年5⽉1⽇:牡⽜座新⽉】の文章を大原浩の責任で抜粋・編集したものです。

 

★沼⽥榮昭(リアル曼荼羅プロジェクト主宰)、 人間経済科学研究所フェロー

 

楽天・サイバーエージェントなど有⼒企業の上場を ⼿掛け、⼤和証券株式会社公開引受部勤務時代から 通算して、70社強の株式公開を実現、「伝説の株式 公開請負⼈(⽇経新聞記事より)」と⾔われる。上場会社⽣涯100社構想に向けて、スタートアップ企業の発掘・育成・投資に現在も邁進。

 

2000年〜2021 年まで21年間、サイバーエージェントの社外役員を務める。⽇本証券アナリスト協会検定会員(証券アナリスト)。

 

⾼野⼭真⾔宗⼤⽇寺(代々⽊⼋幡)で得度、紫雲⼭宝瑞院(仏教寺院)副住職(就任予定)、復旦⼤学(中国・上海)⽇本研究センター客員研究員、⼤阪⾳楽⼤学客員教授、中華⼈⺠共和国主治中医師(内科)。真⾔密教、統合占星術・星平会海、量⼦⼒学波動デバイスTime Waver等を取り⼊れた「株式公開レベル」の経営⽀援を実施。

 

★ファイブアイズ・ネットワークス株式会社

 〒150-0044 東京都渋⾕区円⼭町5-4

 フィールA渋⾕1402号 isao.numata@5is.co.jp

研究調査等紹介

ビル・クリントン元大統領:「NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった」との論考について

米国のビル・クリントン元大統領が、「NATOの拡大が戦争を招いたと批判されても、私は正しかった」という論考を米誌「アトランティック」に投稿して波紋を拡げている。 なぜショッキングかというと、クリントンは「NATOの拡大は .....

ウクライナ:常識の10の嘘と怖い落とし穴

ウクライナ紛争においては、世界でも日本でも言論界のみならず、実務の世界でも極論が幅を利かし、それが第三次世界大戦の現実的可能性を生んだり、オイルショックやコロナ禍以上の経済危機を引き起こしたりという馬鹿げた状況だ。 あら .....

沼田栄昭の選択、「お金の密教」

  紫雲⼭寶瑞院のその後 引きこもり住職「英雄」とTime Waver副住職・私「榮昭」が修⾏する、⾵の時代のメタバース寺院・紫雲⼭寶瑞院の、これまでの活動のご報告と、今後のご⽀援のお願いです。   この⽂章は私の個⼈的 .....