フォントの不思議 ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?

小林 章 美術出版社

 

 

サブタイトルの<ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?>というコピーが面白かったので読んでみました。内容はかなりオーソドックスなフォントの解説ですが、私のような素人にもとてもわかりやすく、楽しむことができました。

 

そもそも、それぞれのフォントには色々な作者が存在し、音楽、小説、映画のように、使用料(著作権料)を支払って使用するものであるということさえ知りませんでした・・・

 

ちなみに、パソコンソフトに備わっているたくさんの種類のフォントは、ソフトメーカーが作者(権利取り扱いエージェンシー)に使用料を払っているそうです。

 

その他にも、これまで知らなかった内容がたくさんあります。

 

例えば、古代ローマ時代にはアルファベットの「U」が存在せず、現代では「U」で表記記する部分も、「V」で表記していたことです(発音するときは同じ「V」の表記でも「Uの部分は区別していました)。「BVLGARI」が典型例ですが、別にこのブランドが古代から存在していたわけでは無く、歴史と伝統を印象づけるため、あえて古い表記法を採用することはしばしばあるようです。両者が明確に区別されるようになったのは、1700年頃と、比較的最近とのことです。

 

また、フォントの作成には<目の錯覚>も重要です。「X」の文字のクロスする二本の線が、実は2つの線が重なったものでは無く、クロス部分を中心に少しずらしてあって四本の線になっています。思わず、パソコンのフォントを最大の大きさにして定規を当てて確かめてみましたが、実際ごくわずかにずれています!

 

取り上げるフォントの事例も、「VOGUE」(雑誌)、「PIERRE MARCOLINI」(チョコレート)、「MARIAGE」(紅茶)など、なじみ深いものが多いことや、写真がふんだんに使われていることも、本書が読みやすい理由です。

(文責:大原浩)

参考書籍等紹介

モサド・ファイル

マイケル・バー=ゾウハ―&二シム・ミシャル早川書房

  第2次冷戦の中核、諜報戦争 米中貿易戦争から始まった「第2次冷戦」が本格化している。第1次冷戦で .....

フリードリヒ・ハイエク

ラニー・エーベンシュタイン春秋社

    フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエクは、1974年にノーベル経済学賞を受賞し .....

トコトンやさしいロボットの本

日本ロボット工業会 監修日刊工業新聞社

誰も3K労働を好んでやらない 現在人手不足が騒がれている。いわゆる外国人労働者に関して、受け入れ拡大政策を行う .....

大国の興亡<下巻> 1500年から2000年までの経済の変遷と軍事闘争

ポール・ケネディ草思社

平和主義がナチスの台頭を招いた 第一次世界大戦以降、本書が執筆された1980年代後半までの「大国の興亡」が詳細 .....