天才バカボンと修行

「孤高の神」と「より大きな自分」
西洋では元来、神と個人が直接向き合います。神は人と、断絶した存在です。

それに対して、東洋は「より大きな自分」「より大きな世界の中での自分」を見つめます。

四柱推命は年月日時の4つ柱の干支(天干と地支)で見ます。地支は個人の内部で作用し、天干は外部とシームレスに接続します。「サラリーマンに運勢無し」とも言いますが、
会社など、より大きな世界への従属度が高いと、個人の天干は作用しない場合もあります。天干を構成する十干は個性的ですが、十干の関係性を示す通変星は、対人関係や社会との関係を示唆するメッセージが中心です。

自分の枠組みが変われば、人生のミッションも変わります。小さな自分では、小さな利己的なゴールしか描けません。修行は自分を拡大する作業、東洋では自分作りを優先します。

四柱推命で語るなら、まずは自分の4つの天干を使いこなします。その上で自分にない天干を、社会・他人との関係・摩擦の中で学びます。そして最後は、自分の中に十干を統合します。一神教的な絶対神は登場しません。十干を開く各プロセスは魂の喜びに直結、そのため神と個人との断絶も意識しません。この辺りの事情を図で表現したのが、私は金剛界曼荼羅と考えております。

友人のインド占星術師によれば、インドにも五術(中国・道教の「命・卜・相・医・山」を統合した道教の修行体系、四柱推命は「命」に該当)に相当する概念があるそうです。

「命」は「ジョーティッシュ」、卜(ぼく)は「ムフールタ」、相は「スターパティアヴェーダ」、医は「アーユルヴェーダ」、山は「アーサナ」「プラーナヤーマ」です。ジョーティッシュは、本来、悟りに至る修行の羅針盤・方法論を明示するのが目的といいます。私はそれを伺って、目が覚める思いがしました。四柱推命も吉凶の判断より、修行に応用する技術ではないのか、と常々感じておりました。

ジョーティッシュでは、どんな師につくべきか、どんな修行をするべきか、などが明確に出ます。どんな戒律(≒日常習慣?)が効果的か、といった判断もするようです。結果は私の修行遍歴そのもの、まさに目から鱗でした。私の場合、師や修行分野の制約は無く、独力で道を開くのが適しているそうです。各分野に師と慕う方はいらっしゃいます。ただ最初は疑い、相対化しながら学び、お付き合いを長く重ねる中で、いつの間にかお近くにいる感じです。

ジョーディッシュの「悟り」とは、「自分の中に太陽系を統合すること」だそうです。「十干を統合する」も似た響きを感じます。宗派によっては銀河系を統合する、といった壮大な話も聞きます。理論的には有り得そうですが、十干の統合だけでも、私の人生は短すぎます。

儒教は「修身・斉家・治国・平天下」と修行の順序を説きます。ただ実際は、修身のレベルに応じて、斉家・治国・平天下も連動して変わります。ちなみに斉家は「家を整える」という意味ですが、「家」とは日本でいう「家庭」ではありません。中国の「家」は、現在でも大都市以外では、一族が支配する村落共同体です。現代に置き換えれば、政治・ビジネスなどの社会的な活動の場と見るべきでしょう。

四柱推命の月柱も家庭運と説明されますが、これも原意は社会運に近いと思います。実際に占ってみても、その方がしっくりと来る気がします。

天才バカボンと修行
さて、神道は「道」のみ、「教」とは言いません。道は「道」教から来るのでしょうが、現代風に言えば「生き方」「ライフスタイル」でしょうか?自分の十干が平天下へと拡大するプロセスを、私は「道」と捉えております。日本では自分の十干を眠らせて、社会や組織に合わせることを「道」と捉える風潮もあります。いずれにせよ十干を開く経路が「道」、神仏とともに生きるライフスタイルにつながります。

明治期には西洋から逆輸入された、歴史研究・文献研究を基本とした仏「教」が、日本をも席巻します。キリスト教との対比から、これが近代的な仏教と歓迎されました。仏は人です。つまり仏教は、人が人を礼拝します。西洋から見ると「仏教は哲学」です。

日本の仏教界は、本来自分の内部の存在である仏が、客体として外に飛び出し研究対象にもなる仏教に、少々戸惑いを覚えます。ただこれを契機に、様々な仏教界のタブーが打ち破られ、仏教は近代化を遂げます。

赤塚不二夫氏の漫画「天才バカボン」の登場人物「レレレのおじさん」のモデルは周利槃特(しゅりはんどく)というお釈迦様の高弟です。自分の名前すら覚えられない程のバカだった、と言われます。お釈迦様の言いつけを守り「塵を払って、垢を除かん」と唱えながら掃除に集中したところ、3年で天眼を得た(悟りを開いた)、と言います。昔も今も、仏教修行の第一歩は掃除です。寺院では今も、熱心に掃除に取り組む修行僧が見られます。仏
教が自分の外の神や哲学・理論を崇める教えなら、この話は成り立ちません。ちなみにバカボンはバカヴァッド、サンスクリット語で「お釈迦様」です。

最後は「これでいいのだ」と悟りの境地を表します。

私は便宜的に、魂と心とに分けて説明します。魂は宇宙にもつながる十干の働き、心は肉体の内部に留まる十二支の働きです。魂と心は一体、本来は切り離すことはできません。魂の声は内なる声、宇宙の声、潜在意識の声でもあります。現世の利害と一致することもあれば、一致しないこともあります。人間は魂の楽しみのためこの世に生まれた、と私は感じます。魂が喜ぶと、楽しく活動的になりリスクを恐れません。時には死をも克服します。結果的に現世利益に繋がる場合も多いようです。

心は、魂を載せる肉体の維持・発展のため、社会や他人の声など外部の声にも耳を傾けます。時に、心と魂の判断は分裂します。魂が喜ばないと、地位も名誉も異性も健康も、人間には意味がありません。生命の維持・発展は最重要事項ですが、魂も負けず劣らず重要です。西洋は心からスタートし、東洋は魂からスタートしますが、ゴールが異なる訳ではありません。魂と心の双方から見ないと全体像を見誤るようです。

南無大師遍照金剛 沼田 榮昭 拝

◎本レポートは、リアル曼荼羅プロジェクト・メルマガ16【2021年10月6日:天秤座新月】の文章を、大原浩の責任により、抜粋編集したものです。

★南無大師遍照金剛 沼田 榮昭 
沼田功

ファイブアイズ・ネットワークス株式会社 代表取締役
日本証券アナリスト協会検定会員
復旦大学日本研究センター客員研究員

1964年 東京都練馬区に生まれる。
1988年 大和証券株式会社入社(本店第二営業部池袋支店配属)。
2000年 ファイブアイズ・ネットワークス株式会社設立 代表取締役(現任)
株式会社サイバーエージェント 監査役(現在は取締役監査等委員)。
2013年 徳石忠源(上海)投資管理有限公司(リンキンオリエント)
マネージング ディレクター(現任)、その他2社未公開会社の社外取締役を兼務。

著書 「IPO(株式公開)入門」(オーエス出版社)。

生涯100社上場を目指し、サイバーエージェント、楽天をはじめ現在70社を更新中。

研究調査等紹介

お金の密教

お金の密教 9月29日、岸田文雄氏が自民党新総裁に就任、10月4日に第100代の内閣総理大臣に選出されました。 .....

待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!

待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も! 現在アメリカは債務上限問題に直面している。債 .....

お師僧の思い出

お師僧の思い出 6月21日、高野山真言宗傳燈大阿闍梨 大栗道榮大僧正が遷化されました。四国八十八カ所第十三番大 .....